目標とは何か その④

目標とは何か その④

 

目標の有無による違いについて考えてみたいと思います。

 

「目標のある人は実力以上の力を発揮し、目標のない人は自分の実力さえ満足に発揮できない。」

ホラティウス)

 

目標があることによって、まだ見ぬ自分の力が引き出される。

 

「何か目標を持って活動している人の方が元気です」(日野原重明

 

目標があることによって、未来への期待を抱くことができ、その期待によって、身体のなかに力がみなぎるようになる。

 

一方で、

 

「心は正しい目標を欠くと、偽りの目標にはけ口を向ける。 」(モンテーニュ

 

心は目標達成のためのエネルギーを持っており、常にそのエネルギーを活かす目標を求めている。それは、残念ながら、心の奥底にある偽りの目標を引き出してしまうこともある。

 

そして

 

「自分に命令しないものは、いつになっても、しもべにとどまる。」(ゲーテ

 

正しい目標を定め、その目標によって自分自身を律しない限り、望まない道を歩み続けることになる。

 

目標によって、まだ見ぬ自分の力が引き出され、そして、その力に未来への期待が重なることで、さらに大きな力が生まれてくるのだと思います。

 

正しい目標は、

 

「もう一歩。いかなる時も自分は思う。もう一歩。今が一番大事なときだ。もう一歩。」 

武者小路実篤

 

という強い気持ちを自然に生み出すのです。