『目標とチャンス』

「目標」達成に向けて行動を続けながらも、「目標」に近づけないのではないかという「不安」を感じる日々を過ごしていると、世の中のあらゆる物事に「目標」達成につながる「ヒント」を探すようになります。

 

会話のなかの何気ない一言、本のなかにある一文も「ヒント」を与えてくれます。

異なるジャンルの本のなかにも、何か世の中の流れる共通の原則のようなものを感じる瞬間があります。

 

「小さなチャンス」はそんななかに突然訪れてくるような気がします。

 

人には点と点が別々に存在して見えるものが、自分にはそれぞれがつながっているように見え、その「つながり」を信じて行動を続けると、ある何気ない出来事が自分にとっては「チャンス」に見える、そんな感覚かもしれません。

 

その「チャンス」を自分のものにする。

その繰り返しによって「目標」達成が近づくのだと思います。