『目標を常に意識する』

 

人は実際にそこにあるものを見ているのではなく、その瞬間に勝っているほうの近くの内容を見る。外の世界は変わっていなくても、あなたの脳は動的にさまざまな解釈をなす。

(デイヴィット・イーグルマン。『あなたの知らない脳』)

 

 

人は、すべての情報を受け取っているのではなく、

自分にとって優先度の高い情報を自動的に選別して受け取っている。

すなわち、一旦、すべての情報を受け取ったのち、

優先順位付けを行っているのではなく、

そもそも意識にない情報は最初から受け取らないというメカニズムが

働いているようです。

 

そうしたメカニズムを理解したうえで、「目標」について考えてみると、

「目標」が意識に定着するまでは、

「目標」に関する情報を常に意識する必要があるということになると思います。

 

ただし、意識に定着したとしても、人は得てして居心地が良い選択をしがちで

あることから、常に「目標」にふれるよう仕組み化しておくことが重要ではないか

と思います。