『詞は飛び、書は残る』

"詞は飛び、書は残る"

と言われますが、

思い、気づきは言葉として残していないと、

あっという間に消え去ってしまいます。

 

思い、気づきを言葉に残し続けると、

自分は何に興味・関心を示すのかが、

分かってくるように思います。

 

ただ、言葉にしておかないと、

まさに、

"詞は飛び、書は残る"

の言葉どおり、

本当にすぐに消えて、なくなってしまいます。

 

自分は何に興味・関心を示すのかがを

はっきりと知ることができれば、

迷うことなく、その方向に歩みを進めていくことが

できるように思います。