『人は忘れる生き物だからこそ』

 

日々の生活のなかで、

ふと思い浮かんだこと、あるいは気づいたことは

すぐに言葉として残しておく必要があります。

 

言葉に残しておかないと、

思い浮かんだことは、気づいたことが、

跡形もなく消え去ってしまいます。

 

人は忘れる生き物です。

 

生命に直結すること以外は、

忘れてしまうようにできているそうです。

 

一つひとつの気づきは、

生命にとっては取るに足らないことかもしれません。

 

ただ、その一つひとつの気づきが、

日々の生活を良い方向に導いてくれることもあると思います。

 

日々の一瞬の気づきを大切に言葉に残しておきたいと思います。