『学びの中毒化』

 

学べば学ぶほど、

自分がどれだけ無知であるか

思い知らされる。

自分の無知に気づけば気づくほど、

より一層学びたくなる。

アインシュタイン

 

 

何かを学びはじめると、

疑問点や理解できない点が

次々と出てきます。

 

そうなると、

しっかりと理解しようと、

さらに学ぼうという思いが強くなります。

 

そうすると、

さらに疑問点が・・・。

 

この繰り返しを続けていると、

次第に自分のなかに少しずつ、

学びが定着しているような感覚を

覚えるようになります。

 

そうなると、

さらに学びに対する思いが強くなります。

 

学びが中毒化するプロセスと言えるかもしれません。