"「模倣」こそ「発明」、「アイデア」、「イノベーション」の源泉である"

 

発明する方法は一つしかない。それは模倣することだ。正しく考える方法は一つしかない。それは古くからの試練を経た何らかの思想を継承することだ。

(アラン)

 

「優れた芸術家はまねをし、偉大な芸術家は盗む」とピカソは言った。だからすごいと思ってきたさまざまなアイデアをいつも盗んできた。

スティーブ・ジョブス

 

イデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。

(ジェームス・W・ヤング)

 

 

「模倣」というと言葉と

「発明」、「アイデア」、「イノベーション」という言葉は

直接結びつかないイメージがありますが、

先人の言葉からは、

“「模倣」こそ「発明」、「アイデア」、「イノベーション」の源泉である”

という強いメッセージを感じます。

 

模倣するプロセスにおいて、

自分の経験との化学反応がおき、

新たなアイデアが生まれる。

 

なぜ、そんなことが起こるのか。

やはり、模倣しようとする対象は、

結果が出ている、あるいは結果が出ることが間違いないもの

であることがほとんどであり、

そこには、それこそ様々な試練を乗り越えてきた思想が

詰まっているからではないかと思います。