『去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ』

 

 

他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、

それは恥ではない。

しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ。

(ジョン・ラボック)

 

他人と比較し、自分が優れている、あるいは劣っているという判断をすることは良くあることだと思います。

一方、去年の自分と今年の自分を比較し、優れている、劣っているという振り返りをすることはあまりないのではないかと思います。

 

ただし、一度目標を設定し、その達成に向けて日々取り組み始めると、未来の自分との比較をすることが日常となるため、もし、去年の自分を比較し、今年の自分が優れていないという事実を目の当たりにすると「立派な恥」だと感じることは間違いないと思います。

 

目標を設定するということは、これまでの穏やかな日々にモヤモヤした感覚をもたらすことになるかもしれません。

 

しかし、成長していない自分を「恥」と思えることは人を前に向かせる原動力になることは間違いなく、必ず「誇り」に思える日がくるのだと思います。