『これからの時代をどう乗り越えていくか』

少し前になりますが、「不安な個人、立ちすくむ国家」という

経産省のレポートが話題になりました。

 

その後、『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』(河合雅司)

が出版されるなど、

未来に対する“不安”をより具体的に感じることが多くなってきました。

 

そうした未来に対する“不安”に対して、個人として何ができるかを

考えてみましたが、

結局は自分で乗り越えていく力をつけていくしかないのだと

感じました。

何が起ころうとも、揺らぐことのない自分の世界を作り上げる。

これからの時代、

そこから生まれる安心感は

何ものにも変えがたい価値になるのではないかと思います。