『言葉で未来を形づくる』

未来がどうなるかは誰にも予測できません。

そして、成り行きのままで

こうありたいという未来に到達することはできません。

だからこそ、自分のありたい未来の姿を言葉で表現し、

その言葉で未来を形作っていく、

ということが必要になるのではないかと思います。

 

ありたい姿が曖昧なままでは、

言葉に具体的に表現することはできません。

そのためにも、ありたい姿が具体的にイメージできるまで、

自分を掘り下げることが必要なのだと思います。