『習慣を変える』

 

 

同じことを繰り返しながら、

違う結果を望むこと、それを狂気という。

アルベルト・アインシュタイン

 

 

「違う自分になりたい」

あるいは

「何かを成し遂げたい」

と思ったら、

これまでの自分や現状を作り上げてきた

習慣を変えなければなりません。

 

とはいうものの

習慣の引力はなか手強く、

そう簡単に変えられるものではありません。

 

ゆえに

習慣を変えるためには、

日常を変える必要があります。

 

朝起きる時間を変えてみる。

食事をする場所を変えてみる。

一本早い電車に乗ってみる。

これまでとは違う本を読んでみる。

これまでに参加したことのないセミナーに参加してみる。

など。

 

どんな小さなことで良いので、

日常をかえ、その変えた日常に

新たな習慣を紐づける。

 

例えば、一本早い電車に乗り、

電車に乗ったらスマホを見ずに

オーディオブックを聞くなど、勉強の時間に

あてるなど。

 

この行動をしたとき、この場所に着いたら

○○をするというように行動を決めておくと、

習慣化しやすいのではないかと思います。

 

とはいうものの、なかなか新しい行動を定着させることは簡単なことでは

ありません。

最初はあまり負担をかけず、

本当に小さなことから始めればよいと思います。

 

小さな行動でも、時間を重ねるうちに、何らか小さな変化を生み出します。

そうした小さな変化を積み重ねていくことで、

知らない間に、大きな変化を成し遂げていると思います。