『環境の変化にも揺るがない自分の軸を持つ』

変化が激しい時代、「環境の変化」を避けることはできません。

そうした「環境の変化」によってもたらされるマイナスの影響を

最小限に抑える準備をしておくことはとても大切なことだと思います。

 

「変化」によってもたらされるマイナスの影響のうち、

やっかいなものは「不安」という感情ではないかと思います。

「不安」という感情は、それが漠然としているがゆえに、

人の判断、そして行動を鈍くするような気がします。

 

普段でなければ何でもないことでも、

「不安」という感情があるだけで、

冷静な判断ができなくなることがあります。

 

それだけ「不安」という感情はやっかいです。

 

そうした「不安」を少しでも抑えるようにするためには、

言葉遊びのようですが、

「安心」できる環境を、みずからつくり出すしかないような気がします。

 

なぜ「不安」を感じるのか、

その「不安」を抑えるためには何が必要かを考え、

そのための準備をする。

 

特にこれからの時代、有形資産の価値は大きく変動するおそれもあり、

安心の源泉にはならないように思います。

陳腐化することなく、安心を生み続けてくれるものは何かと考えると、

自分の強みを知り、その強みを鍛え、自分の軸を持つ以外にないような気がします。

環境の変化にも揺るがない自分の軸を持つ、

それが一番大切なのではないかと思います。