『手を抜かない』

誰も見ていないところで、

手を抜くことなく、

力を注ぎ続けることができるかどうかが、

何事においても、

その完成度を決定づけるのではないかと思います。

 

絵画や彫刻などの傑作は、

どの角度から見ても、

手を抜いている箇所を見つけることができません。

見えないところにも、

決して手を抜かない、

その姿勢が、

作品全体に圧倒的な存在感を

与えています。

 

誰も見ていないところで、

全力を出し続けることができるか、

それが一流とそれ以外を分けることは間違いありません。