『学びは復習から』

何か新しいことを学ぶときには、

事前に予習することも大切ですが、

それ以上に復習が重要です。

 

予習の段階では分かったと思っていても、

講義やセミナーを受講するなかで、

実は良く分かっていなかったことに気づくことが良くあります。

ただ、せっかくの気づきもそのままにしておくと、

何に気づいたのかすら忘れてしまいます。

 

それでは、せっかくの学びの時間が無駄になってしまいます。

忘却の彼方の状態となることを防ぐためには

復習するしかありません。

 

それも一度きりではなく、

何度も何度も繰り返すことで、

はじめて体のなかに染み込んでいくのではないかと思います。

 

同じ本でも読むたびに新たなに気づく、

そんな感覚と一緒かもしれません。

 

復習をするたびに、新たなことに気づかされ、

そして、それが次第に自分のものとなっていくように感じる。

こうした感覚は復習をしないと得られない感覚だと思います。