『すべてをプラスの方向から解釈する』

 

すべて人生のことは、

「させられる」と思うから

辛かったり惨めになるので、

「してみよう」と思うと

何でも道楽になる。

(曽我綾子)

 

  

気の持ちようと言ってしまえば、

あまりにも言い古された言葉になってしまいますが、

同じ物事でも、

どう解釈するかによって、

そこから得られるものは大きく変わってしまうように感じます。

同じ時間を過ごすのであれば、

やはりそこから得られるものの価値を高めたい。

 

“すべてをプラスの方向から解釈する”

 

そのことを常に意識し続けたいと思います。