『何に時間を注ぐかを決断することが重要である』

 

才能が一つ多いほうが、

才能が一つ少ないよりもより危険である。 

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ

 

 

あらゆることに手を出すよりも、

自分が「ここだ!」と思える分野に、

時間を集中した方が良いと思います。

 

世の中には、

あれも必要、これも必要という情報があふれていますが、

時間には限りがあり、

その全てに時間を注ぐことはできません。

あらゆることに手を出してしまうと、

結局何も成し遂げることができないという状態に

陥ってしまいます。

 

もちろん、さまざまなことに手を出してみないと、

自分が「ここだ!」と思える分野を見つけることは

できないかもしれません。

ただ、どこかのタイミングで、

あまり心が動かない分野に時間を注ぎ続けることからは

手を引く必要があるのではないかと思います。

 

時間は有限です。

その時間を最大限に活用するためには、

何に時間を注ぐかを見極めることは、

極めて重要なことだと思います。