『行動の結果を振り返る』

PDCAのサイクルを回すことが重要であることは

良く言われますが、

行動後の結果検証とその後の修正・調整が

とても大切なことだと思います。

 

どれだけ綿密、かつ具体的に計画を立てたとしても、

実際に行動してみて、

初めて気づくことも少なくありません。

 

実際に行動した結果について検証し、

より良い方向に修正、調整していく、

こうしたプロセスを繰り返し実践することで、

目標達成に近づいていくのだと思います。

 

時にはうまくいかないこともあり、

行動した結果を振り返ることに対して、

気が進まないこともあると思います。

 

ただ、そのような場合でも、

振り返りを行うことによって、

少なくとも、

「なぜ、うまくいなかったのか?」

と考えることは間違いありません。

 

それによって、

少なくとも、

同じことを繰り返さないという意識が高まり、

知らないうちに

改善策を探そうという意識も

働くようになります。

 

行動後の結果検証によって気づくことが多くあります。

そうした気づきをPDCAのサイクルを反映させることは

目標達成を目指すうえで、

とても大切なことだと思います。