『失敗は気づきを与えてくれるきっかけ』

日々の生活や仕事で失敗をしてしまうことがあります。
失敗をすると、
落ち込み、反省し、
同じことを繰り返すことがないよう対策を考え、
次に備える。

このプロセスの歩んでいる間は気分も晴れません。
誰もが失敗は避けたいと思うのが普通です。

ただ、失敗は決して悪いことばかりではないと思います。
失敗は、“気づき”を与えてくれます。

望んで失敗をする人はいません。
誰もが意図せず失敗をしてしまうのだと思います。

ここに失敗を活かすポイントが隠されています。
“意図せず”ということは、
言い換えると、
“◯◯すれば△△という結果となることもある”
ということが分からない状態で
“◯◯”をしているということだと思います。
すなわち、
どんな結果になるかが分かっていない状態です。

失敗をして、
“◯◯をすると△△という結果となることもある”
ということに気づくと
“◯◯をするのは止めよう”
あるいは
“違うやり方を考えよう”
ということを考えます。
そして、バージョンアップした◯◯を実行する。

このプロセスを何度も繰り返すうちに、
行動の精度が上がり、
結果に結びつくようになります。

失敗はできれば避けたいことですが、
何か新しいことに取り組んでいるときには、
結果的にはプラスをもたらすきっかけになると思います。