『小さく始める』

新たに何かを始めるときには

小さな行動から始めることが大切だと思います。

新しいことを始めようと決意した瞬間は、

モチベーションも高いため、

どうしても大きく始めようとしがちです。

ただ、大きな行動を始めるには大きな力が必要であり、

また、モチベーションには浮き沈みがあるため、

大きな行動を続けることは簡単なことでありません。

そして、続けることができなくなった瞬間に、

歩みがとまってしまいます。

やはり物事を何遂げるためには、

行動し、そして続けることが重要です。

そのためには、

すぐに始めることができ、

そして、負荷なく続けられるぐらい小さな行動から

始めることが重要ではないかと思います。

続けることができれば、

そのうち、時間が味方となり、

知らない間、かなりの歩みを進めていること気づきます。

そうなると、

そのことが一つの成功体験となり、

少し負荷を上げても行動を続けることができるようになります。

 

何かを成し遂げるためには、

継続することを習慣化するということが不可欠です。

そのためには、始めるにも、続けるにも負荷を感じない程度の

小さな行動から始めることが重要であると考えます。