『やると決めたことはすぐに始める』

“やる”と決めたことはすぐに行動にうつすことが大切です。

どのようなことでも、

“やる”と決めた瞬間が、

一番やる気に満ちあふれています。

ところが時間の経過にともない、

そのやる気も段々と薄れてきます。

やる気が薄れてくると、

メリデメを考えたり、

行動した場合の結果を想像したり、

勝手にやらない言い訳を集め始めます。

そうなると、

ますます行動から離れていきます。

 

もちろん、

“やる”と決めた瞬間は十分な検討が行われていないこともあり、

失敗するリスクも高いかもしれません。

ただ、失敗から学べることは少なくありません。

少なくとも、こうしたら失敗するということは学ぶことはでき、

そのことを学ぶことで、

次に行動するときには、

その分、失敗するリスクを軽減することができます。

 

何かを成し遂げるためには、

結果に直結する行動を見つけ、

それを続けることだと思います。

 

やるかやらないかを悩んでいるだけでは、

何事も成し遂げることはできません。

行動し、失敗し、修正し、また行動する。

この繰り返しを続けること以外に、

物事を成し遂げる方法はないのではないかと思います。