『衆人環視の力を借りる』

何かを成し遂げるためには、

「衆人環視の状態」

をつくることが不可欠だと思います。

 

新しいことを習得する、あるいは成長するためには、

自分に負荷をかけ続けることが必要です。

とはいうものの、

自分一人の意思の力だけで負荷をかけ続けることは

簡単なことではありません。

やる気には浮き沈みがあり、

同じペースで負荷をかけ続けることができないこともあるからです。

 

ペースは落ちることは仕方ありません。

ただ、できる限り早く、

その状態からリカバリーすることが大切であり、

そのときに大きな役割を果たしてくれるのが、

「衆人環視の状態」

ではないかと思います。

誰が見ているという状況があることで、

踏みとどまろうという意識が働きます。

 

続けることなしに、 

何かを成し遂げることはできません。

 

自分一人の意思の力だけに頼るのではなく

「衆人環視の状態」をつくり、

その環視の力を借りることで、

続けることに対する強制力がより強く働くのではないかと思います。