『時間は大切』

“時間が大切”

ということを頭でなく、体で感じるようになると、

日々行っている仕事や行動の一つひとつについて、

本当に必要なのかを常に考えるようになります。

 

そして、無駄かもと感じる仕事や行動が多いことにびっくりさせられます。

ひどい場合には、そうした行動に一日の半分以上の時間を費やしていた、

なんていうこともあるかもしれません。

 

気がついたら、10時間もテレビを見ていたなどは分かりやすい例かもしれませんが、

無駄かどうかの判断が難しい仕事や行動もあると思います。

 

そのときに大切になるのは、

“無駄かどうかを判断する基準”

であり、

その基準を決めるための前提となる

“何をなし遂げたいか”

という目標です。

 

その目標を達成するために

必要な行動を洗い出し、

それを日々の行動に組み込んでいく。

組み込んだ結果、

時間が足りない、もっと必要だということになれば、

目標達成に紐づかない行動はやめる。

 

当たり前のことですが、

時間は有限であり、取り戻すことはできません。

 

時間を最大限に活用するためには、

まず最初に日々の行動を見直すことが必要だと思います。