『知らない世界に足を踏み出す』

 

知らない世界に足を踏み出すことで、

見える世界が変わります。

これまで自分が持っていなかった視点で、

物事を見ることができるようになり、

それによって、

これまでとは違うことが見えてくるようになります。

これまで平面に見えていたものが、

立体に見えるというイメージでしょうか。

 

同じことを見聞きしても、

そこからの気づきに大きな差が生まれるのは、

物事を多面的に見ることができるかどうかの違いから

生まれるのではないかと思います。

 

やはり自分の世界から一歩足を踏み出すことは

とても大切なことだとではないか思います。