『振り返る』

何かに取り組んで、

うまくいった場合、

うまくいかなった場合、

そのいずれにおいても振り返りをすることは

とても大切なことだと思います。

 

結果は過去であり、

変えることはできませんが、

過去を未来に活かすことは必ずできます。

過去について、

良い悪いという感情的な評価をするのではなく、

何が想定通りにでき、

何が想定通りにできなかったのか、

あるいは、

想定外のことはなかったか、など

それらを客観的に振り返ることによって、

どんなことからでも、

未来をプラスにする気づきを得ることができます。

 

過去を活かすことができるかどうかが、

未来を形づくるポイントではないか思います。