『無意識に行動しない』

日々の生活のなかでは、

無意識で行っている行動が大半であると言われています。

そのため、

良い結果を生み出す行動を意識的に行っていたとしても、

無意識に行っている行動が良い結果を生み出すものでないとすれば、

全体としては、

良い結果を手にすることができないのではないかと思います。

 

そう考えると、

無意識で行っている行動を棚卸しし、

良い結果を生み出していない行動を捨てるということが

とても重要になるのではないかと思います。

 

もちろん、

無意識で行っている行動は体に染み込んでいることから、

そう簡単に捨てることはできないかもしれません。

ただ、

 「無意識に行動をしない」

ということを常に意識することで、

徐々に行動の結果を意識して、

行動ができるようになるのではないかと思います。

そうしたことを繰り返すうちに、

良い結果を生み出すことのない行動に対する嫌悪感が生まれ、

そうした行動を捨てることができるようになると思います。