『自分を変えるためには、まず環境を変える必要がある』

自分を変えるためには、

環境を変えることが何よりも大切です。

今の自分は、

過去の習慣の積み重ねで作り上げられたものであり、

その習慣は少なからず環境による影響を受けています。

 

人は環境によって規定されてしまうものです。

 

これまでと同じ環境に身をおいたまま、

自分を変えようとしても、

知らず知らずのうちに環境からの影響を受け、

過去に引き戻されてしまいます。

どんなに固い決心をしても、

環境の力には勝てないものです。

 

大前研一氏は、人が変わるための方法は三つしかないと述べています。

 

 

人が変わる方法は三つしかない。

ひとつめは時間配分を変えること、

二つめは住む場所を変えること、

三つめはつきあう人を変えることだ。 

最も無意味なのが、「決意を新たにすること」である。

決意だけでは何も変わらない。

 

 

変わるためには、

決意だけでは不十分であり、

決意をしたことを、

具体的な行動として実践し続けることができる環境が

何よりも重要であるということだと思います。

 

自分を変えるためには、

自分を変えるために必要となる行動を実践する必要があり、

そうした行動を続けることができる環境に身を置くということを、

まず最初に考えなくてはならないのではないかと思います。