『脳内エネルギーを大切に』

「どうしても達成したい」

という目標があると、

寝ても覚めても、そのことだけを考えるようになります。

そのような状態になると、

何を見ても、聞いても、気づくことがあり、

意識が自分の内側へ向いたり、また外側へ向いたりと

行ったり来たりします。

一日中、それを繰り返していると、

脳内エネルギーが少なくなってきたと感じる瞬間があります。

「脳が疲れた」と感じる瞬間と言っても良いかもしれません。

 

脳が疲れると、

明らかに集中力がなくなります。

 

ガソリンの場合は、タンクが満タンの状態でも残りわずか量の状態でも、

1リットルのガソリンは1リットルのガソリンであり、

パフォーマンスは変わりません。

 

それと異なり、

脳内エネルギーの場合は、100の状態か50の状態かでは、

明らかにパフォーマンスの差が出ます。

脳内エネルギーが少なくとなる、

時間あたりのインプットやアウトプットの量、質とも低下していきます。

 

脳内エネルギーの状態に敏感になると、

大切なことはできる限り、

脳内のエネルギーが100の状態のときに

やっておこうという意識が働くようになり、

必然的に「第二領域」を優先するようになります。

 

どうしても達成したいという目標があると、

時間だけでなく、脳内エネルギーにも敏感になり、

その結果、「第二領域」を優先するようなるという、

好循環が生まれます。