『物語に人は集まる』

『サピエンス全史』を読んで、

・人間以外の動物も、いわゆる「言語」を操っていること

・人間とその他の動物の違いは「虚構」を語れるかどうかにあること

・そして人間は「虚構」を語り、信じることができるからこそ、

 大規模に集まり、協力することができること

を知りました。

 

顧客に評価される商品やサービスには「物語がある」と言われますが、

どんなに優れた商品やサービスであっても、

「物語」がなければ顧客に評価されることはなく、

また「物語」があっても「信じるに足る」ものでなければ

評価されないという背景には、

こうした人間の本質的な特徴にあるのではないかと思います。