『何者でもなかった時代』

ある世界で結果を残している方を目の当たりにすると、

何者でもなかった時代のことが想像できないため、

自分との圧倒的な違いを感じ、

「あのようにはなれない」

と諦めてしまいがちです。

ただ、どんな方であっても、

「何者でもなかった時代」があるわけであり、

その時代に積み重ねたことが、

時間を経て花開いているに過ぎません。

そのことを忘れてはならないと思います。