『時には異なる分野を学んでみる』

何かを学ぶときには、

分野を決めて学ぶ場合と

興味の赴くまま、様々な分野をちょっとずつ学ぶ場合があると思います。

前者の方が無駄なく学べますが、

後者にも良い点があります。

ある分野で学んだことが

まったく違う分野で活かせる場合があります。

それが問題解決の糸口になることもあります。

異なる分野だからこそ、

発想を飛ばすことができるのだと思います。

時間は有限ですが、

時には全く異なる分野に触れてみるのも無駄ではないと思います。