『目標達成は自分を勘違いさせることから』

目標を達成できるかは、

「達成できる」と思っているかどうかによって決まります。

 

そして「達成できる」というイメージを持つためには、

実際に達成している人を間近に見るのが一番です。

そうした人をずっと見ていれば、

「達成した姿」が具体的にイメージできるようになります。

具体的にイメージできるようになれば、

行動も変わってきます。

目標を達成するためには、

「達成できる」

と自分を勘違いさせることが大切です。