『他者の常識に触れてみる』

自分の行動を制限しているのは、

それまでの自分が作り上げた「自分の常識」です。

その常識を一旦横に置かない限り、

行動の幅を広げることはできません。

ただ、自分一人だけでは、

横に置くことはできないかも知れません。

そのためにも、

他者の常識に触れる機会を作り、

そして、

その常識がどんな行動を生み出しているかを観察し、

自分の常識と比較してみることが大切です。