『どちらもという発想も時には大事』

二つのある選択肢のうち、

どちらかを選ばなければならない場面に直面したとき

「どちらも」

という発想をすることで、

思いもよらないアイデアが思いつくときがあります。

もちろん、トレードオフの関係にあり、

どちらかを選ばなければならないこともあると思いますが、

その時にでも、

一旦は「本当にそうなのか、どちらもという本当に無理なのか」

と考えてみることは無駄にならないと思います。

 

トレードオフ - Wikipedia