『自分で判断する』

何事も一次情報をもとに判断することが大切だと思います。

二次情報をもとに判断をしていると、

真偽を確かめる力が衰えていく気がします。

しかも判断を誤ったときに、

自分の責任ではなく、

他人の責任にする傾向が強くなるような気もします。

そんなことを繰り返していると力はつきません。

一次情報をもとに、

自分で判断を下す。

ときに間違いもあるかもしれませんが、

その痛みをダイレクトに感じることで、

経験値が高まり、力もついてくるのだと思います。

『習慣』

 

習慣を自由なしに得るものは

人生において多くのことをなしえる。

習慣は技術的なものであるゆえに

自由にすることが出来る。 

三木清

 

 

物事を成し遂げるためには、

それを成し遂げるために必要な行動を習慣化すること。

それが何よりも大切なことです。

 

『地道にコツコツと』

何かを成し遂げるための近道はなく、

結局は、地道にコツコツと続けることが

一番の近道ではないかと思います。

 

たまたま近道を使って成功したという話を聞くと、

”自分も”と思ってしまうこともありますが、

それは僥倖であり、

誰もが同じ道で成功するという訳ではありません。

そして、

一度、近道を探し始めると、

そちらばかりに気を取られるようになり、

地道にコツコツと続けることができなくなります。

 

目的地に到達するためには一歩一歩の積み重ねが不可欠です。

その積み重ねを放棄した瞬間に、

目的地に到達する可能性は、

ほとんどゼロになるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

『やり続けることの難しさ』

何かをやろうとする時に、

 「やらなければならない」

と思ってしまう、

あるいは、

 「面倒だ」

と感じてしまうということは、

そもそも、やりたくないことなのではないかと考えることがあります。

誰でも、やりたいこと、好きなことを、

 「やらなければならない」

と思うことはないと思います。

また、楽をしたいという気持ちは多かれ少なかれ、

誰しも持っているのではないかと思います。

 

ただ、一方で、自分のこれまでの習慣を変えようと思う時には、

負荷に感じることをやらなければならない瞬間もあると思います。

あきらめず、負荷を感じなくなるまでやり続けることができるかどうか、

それが何かを成し遂げることができるかどうかの分かれ道ではないかと考えます。

 

 

『知らない世界に足を踏み出す』

 

知らない世界に足を踏み出すことで、

見える世界が変わります。

これまで自分が持っていなかった視点で、

物事を見ることができるようになり、

それによって、

これまでとは違うことが見えてくるようになります。

これまで平面に見えていたものが、

立体に見えるというイメージでしょうか。

 

同じことを見聞きしても、

そこからの気づきに大きな差が生まれるのは、

物事を多面的に見ることができるかどうかの違いから

生まれるのではないかと思います。

 

やはり自分の世界から一歩足を踏み出すことは

とても大切なことだとではないか思います。

 

 

『小さな習慣の積み重ね』

 

人の本性は皆ほとんど同じである。

違いが生じるのは、

それぞれの習慣によってである。

孔子

 

 

どんな習慣を持っているかで、

結果は大きく変わると思います。

読書の習慣があるか、

運動する習慣があるか。

一日一日でみた場合は、

差は全くありませんが、

一年、三年、五年とたつにつれて

その差は段々と大きくなり、

埋めがたい差が生まれます。

 

結果を生み出すのは、

「どんな習慣を持っているか」

ということ、プラス、

「時間を味方につける」

ということではないかと思います。

 

 

『悩まず、動き始める』

何かを判断するとき、決める時には、

時間をかけることはあまり良いことではないように感じます。

悩めば悩むほど、決めることができなくなり、

場合によっては、貴重な機会を逃してしまうこともあります。

 

悩んでいる間は、

動くことはできません。

それよりも、

1分でも早く選択し、動き始めた方が良いのではないかと思います。

もし、その選択がうまくいかなかったとしても、

それも一つの結果であり、

それを踏まえて、

また違う方法、やり方を考えれば良いと思います。

悩んでいる間は、

時間が止まっているのと同じであり、

何もつかむことはできません。

たとえ、うまくいかなかったとしても、

何かをつかむことはできるはずであり、

それが長い目で見たときに、

大きなプラスとなることもあるのではないかと思います。

 

 

『とにかく行動』

とにかく行動することが大切。

初めてのことにチャレンジするときには、

どうしてもうまくいかなった時のことを考えてしまいますが、

行動してみない限り、

何がうまくいくか、何がうまくいかないかは分かりません。

結果はもちろん大切ですが、

行動することによって得ることができる経験こそ

大切なことだと思います。

たとえ、うまくいかなかったとしても、

そのうまくいかなかったことが、

試行錯誤のスタートのきっかけとなり、

そうした試行錯誤の積み重ねの先に成功があるのだと思います。

 

 

『続けているという事実が自信を高める』

どんな小さなことでも、

毎日続けていると、

自信につながります。

続けることができているという事実が

自信を高めてくれます。

 

どんなことにチャレンジする場合でも、

自分もできるという自信は大切であり、

それがなければ、

未知なるものにチャレンジすることはできません。

 

続けるためには、

モチベーションを維持することが不可欠であると言われますが、

そのモチベーションも、

続けていることができているという事実が維持してくれるように感じます。

 

モチベーションを維持し、

自信を高めるためにも、

続けること。

そのためには、

 「無理なくを続けることができることから始める」

ことが大切だと思います。

 

『小さく始めることが大切』

何か始めるときには、

小さく始めることを意識した方が良いかもしれません。

 

目標を設定し、

その達成に向けて、

具体的な行動を始めるときには、

大きく動き始めようとすることが多いように感じます。

 

最初のうちは、

モチベーションも高いため、

ある程度の期間は続けることはできますが、

悲しいかな、モチベーションには浮き沈みがあるため、

続けることが難しくなってきます。

そうして、習慣化する前にフェードアウトしてしまうことが少なくありません。

 

そうならないためには、

負荷に感じない程度の小さな行動から始めることが大切だと思います。

 

行動するにあたって、こんな程度でいいのかというレベルで始めると、

まず、”行動する”ということそのもののハードルが極めて低くなります。

そして、実際にやり始めると、次第に勢いがついてきます。

不思議なもので、たった5分だけでいいと思ってやると、

気がついたら1時間続けていたということが起こります。

また、たった5分でもいいというルールで始めれば、

毎日続けても負荷になることはありません。

 

全く負荷に感じない程度の行動でも、

とにかく動き始めれば、

勢いがつき、

そうしたことを繰り返しているうちに、

確実に前進することができるのではないかと思います。