『無意識の行動を書き換える』

人の行動の95%が無意識に行われているといわれます。

行動が変わらなければ、人は変わりません。

どれだけ変わりたいと願っても、

95%の行動に変化がなければ、

変わることはできません。

変わるためには、

無意識の行動を変えなければなりません。

そのためには、

「無意識の行動」を「理想とする行動」に書き換える必要があります。

そのために行動を言葉にし、その言葉を常に目にする仕組みをつくることです。

次第にその言葉が体に染み込んでいきます。

 

 

 

 

 

 

『手当たり次第にいろいろなことをやってみる』

自分がやりたいことは本当は何なのかが分からなくなったときには、

手当たり次第にいろいろなことをやってみるのも良いと思います。

そうしているうちに、

自分の心が強く動かさせれることとそうでもないことがはっきりしてきます。

焦る必要はありません。

『やる気スイッチ』

やる気があるから行動するのではなく、

行動するからやる気が出るというのは間違いないと思います。

何となく気持ちが乗らないことでも、

やり始めてしまうと、

次第に「あともう少し」という気持ちがわいてきます。

人には「やり続けようとするスイッチ」が備わっていて、

何かを一旦やり始めると、

自動的にそのスイッチ入るのかもしれません。

 

 

 

 

『気になることは何でもやってみる』

自分を変えたいと思うのであれば、

気になることがあれば、

とにかく何でもやってみることです。

考えているだけでは何も得ることはできません。

行動すると、

どんな形であっても、必ず結果を手にすることができます。

しかも、何らかの感情を伴うため、

思わぬ気づきを得ることもあります。

考えているだけでは気づけないことばかりです。

何かを変えようと思うのであれば、

とにかく行動することが大切です。

 

 

 

 

 

『目的を持って行動する』

同じ行動でも、

目的を持って行動するかどうかで、

成果に大きな違いが生まれます。

例えば、

階段を上る場合でも、

足の筋肉を鍛えるためという目的を持つだけで、

その意味が変わります。

つまり、

日々の行動一つひとつに目的を持たせるだけで、

日常が自分を成長させてくれる場に変わるのです。

 

『思いつきを大切にする』

思いつきは、軽く考えられがちですが、

無意識に考え続けた結果、生まれてくるものであり、

その一つひとつは大変貴重なものです。

ただ、放っておくと、

すぐに何を思いついたかすら忘れてしまいます。

だからこそ、

思いついたことをすぐに行動に移すことが大切です。

それが人生を好転させるきっかけになるかもしれません。

 

 

 

 

『とにかくやってみる』

「自分には無理」。

人は無意識のうちに自分の可能性を限定してしまっています。

とてももったいないことです。

チャレンジする前からあきらめてしまうことをせず、

やりたいと思ったら、

とにかくやってみることです。

やってみると意外と簡単だったということが多いものです。

とにかく何も考えず、やってみること。

これが自分の可能性を広げるコツだと思います。

 

 

 

『とにかく、とんでもない目標を立てる』

目標を立てるとき、

少し頑張れば到達できるような目標にとどめてしまうのは、

とてももったいないことです。

人には自分では想像できないほどの力が隠されています。

その力を呼び起こすためには、

今の自分では想像できないレベルの目標を立てることです。

不思議なもので、

どんな目標でも、一度目標を立てると、

その目標の達成を意識するようになり、

目標達成に必要な行動を考えるようになります。

そして、その行動を着実に実行していくうちに、

とんでもないと思っていた目標が、

具体的にイメージできるレベルまで近づいてくるのです。

 

 

 

『意識することで学びが深まる』

何か新しいことを学ぶときには、

・何のためには学ぶのかという「目的」

・学んだ結果、何を手にすることができるのかという「成果」(物理的、精神的)

・過去の学んだことと何らかの関係性という「つながり」

を意識すると、学びが深まります。

特につながりを意識すると、

学ぶことに対するモチベーションが高まります。

 

 

『圧倒的な人のそばに居続ける』

昨日より今日、今日より明日と成長し続けるためには、

常に自分を律し続けなければなりません。

ただ、それは簡単ではありません。

誰もが自分には甘くなってしまいがちです。

ここまで頑張ったから、

少しぐらい休んでもいいだろうと思ってしまいます。

そうならないためには、

自分とは比べものにならないほど、

努力を重ねている人のそばに居続ける必要があります。

圧倒的な差を前に、

怯んでしまうこともあるかもしれません。

それでも、必死に食らいついて行こうとするうちに、

少しずつ自分が高められていくことは間違いありません。