『目標を見直す』

設定した「目標」を毎日見続けていると、「目標」の表現、あるいはその「目標」に紐づく行動の濃淡に気付くことがあります。

曖昧な表現、「目標」との関連性が薄い行動、行動そのものが不足している、そうしたことに気付いた瞬間に、「目標」をじっくりと見直す、そしてそれを繰り返していくと、「目標」がより自分のなかに染み込んでいく感覚を覚え、「目標」が自分と一体化していくように感じます。

「目標」と自分が一体化する感覚を覚えるにつれて、「目標」のことをを考える時間が長くなり、自然に「目標」に関連する事柄、行動を選択するようになります。

そうなると、「目標」をさらに意識するようになります。

この繰り返しによって、毎日が「目標」達成に向けた意味ある一日に感じられるようになり、「一日の意味」が変わるように思います。