『時間の使い方』

一生の最もすぐれた使い方は、

それよりも長く残るもののために

費やすことだ。

(ウィリアム・ジェームズ)

 

「時間」を何のために使うかは、人生における最大のテーマではないかと思います。

過ぎ去ってしまうものに時間を使うか。

それとも将来に向かって長く続くものに時間を使うか。

 

やはり、

同じ「時間」を使うのであれば、

たとえその瞬間には価値を生みださないとしても、

将来に向かって、その結果が長く続くものに時間を使いたいと思います。

 

そう考えた場合、真っ先に思い浮かぶのは「習慣」です。

「習慣」は一度身につけると、まるで呼吸をするかのごとく、

その「習慣」を意識することはありません。

 

良い結果を生み出し続ける「習慣」を身につけるために「時間」を

使うことは、非常に価値あることではないかと思います。