『成長の機会』

 

問題に阻まれても

それが成長の機会だと思えるときは、

それを乗り越えるための知識を

身につけようとしているときなのです。

 (マーシャ・シネター)

 

 

 問題に阻まれたとき、それを乗り越えられるかどうかは、

その先に「目標」があるかどうかによるのではないかと思います。

「目標」の達成に向けた試練と思えば、それを乗り越える策をあらゆる方向

から考えるはずです。

一方、「目標」がなければ、問題を乗り越えようとすることはなく、

あるいは、そもそも問題に阻まれることもないかもしれません。

 

問題を乗り越えるために、考え、行動し、失敗し、また考える、

こうしたプロセスを繰り返すなかで、さまざまなことを経験し、その経験を通じて

新たな知識が身につくのではないかと思います。

 

「目標」のある日々のなかで生じるさまざまな問題は

我々を成長させてくれることは間違いありません。