『自分の目で見て、心で感じる』

 

自分自身の目で見、

自分自身の心で感じる人は、

とても少ない。

 (アインシュタイン

 

 

インターネットをはじめとする、

いわゆる手軽に"知った気になれる"ツールによって

自分の目で見て、心で感じることをできる機会は

劇的に減っているのではないかと思います。

 

自分の目で見て、心で感じることができなければ、

ある出来事に対して、

意味付けを行うこともできないように思います。

 

時には、勇気をもって、

自分の目で見て、

して感じたことを、

そのままを言葉にしてみることも必要ではないかと

思います。

 

それによって、自分は世界をどう見ているのかを

少しでも知ることができるのではないかと

思います。