『独創的に考える』

 

 

独創的

– 何か新しいものを初めて観察することではなく、

古いもの、古くから知られていたもの、

あるいは誰の目にもふれていたが

見逃されていたものを、

新しいもののように観察することが、

真に独創的な頭脳の証拠である。

ニーチェ

 

 

独創的に考えるとは、

すでに存在しているものを新しい視点で観察し、

新しい何かを掴みとること。

 

ただ、"新しい視点で観察する"ということは

簡単なことではないかもしれません。

そのためにも、"新しい視点で観察する"ということを

ルール化しておくと良いかもしれません。

 

その一つが

"ブラケティング"

です。

 

"あたりまえ "と考えていることを、

括弧でくくって、

意識的に横に置いておくことで 、

先入観でものごとを判断したり、

評価したりしないという方法です。

 

こうしたルール化をいくつか用意しておくことで、

"新しい視点で観察する"

ということを習慣化できるのではないかと思います。