『言葉の力』

 

「言葉の力」(池田 晶子)

 

言葉を信じていない人は、自分のことも信じていない。

しかし、自分を信じていない人生を生きるのは、

とても苦しくて大変だ。

言葉ではああいったけれども、本当はそうは思っていない。

そんなふうにしか生きられない人生は不幸だ。

言葉と自分が一致していない人生は不幸だ。

だから、本当の自分はどこにいるのかを、

人はあちこちを探し求めることになる。

しかし、本当の自分とは、本当の言葉を語る自分でしかない。

本当の言葉においてこそ、人は自分と一致する。

言葉は道具なんかではない。

言葉は、自分そのものなのだ。

だからこそ、言葉は大事にしなければならないのだ。

言葉を大事にするということが、自分を大事にするということなのだ。

自分の語る一言一句が、

自分の人格を、自分の人生を、確実に創っていくのだと、

自覚しながら語ることだ。

そのようにして、生きることだ。

言葉には、万物を創造する力がある。

言葉は魔法の杖なのだ。

人は、魔法の杖を使って、どんな人生を創ることもできる。

それは、その杖をもつ人の、この自分自身の、心の構え一つなのだ。

 

 

 言葉にはとても大きな力が宿っていると思います。