『すべてが奇跡であるかのように生きる』

 

人生には、二つの道しかない。

一つは、奇跡などまったく存在しないかのように生きること。

もう一つはすべてが奇跡であるかのように生きること。

アルベルト・アインシュタイン

 

 

日々起こる出来事も、

人との出会いも

同じものは一つもありません。

 

出来事も人との出会いも、

当たり前のことではなく、

すべてを奇跡だと思うことで、

心が動き、

多くのことに気づくことができるのではないかと

思います。