『結果の振り返りが上昇気流を生み出す』

行動をすると、

望んでいた結果、望んでいない結果に関わらず、

何らかの結果が生まれます。

その結果をそのままにしていては、

それ以上の結果が生まれることはありません。

やはり、結果に対する振り返りを行い、

よりよい結果を生み出す行動へと改善していくことが大切です。

 

うまくいかなかったことの振り返りを行うことは、

あまり気が進むものではありませんが、

やはり結果の検証を行うことで、

気づくことも多く、

行動する前には分からなかった改善点を見つけることができます。

 

それを段々と繰り返していると、

自然と行動の質が上がってくように感じます。

行動の質があがると、

必然的に良い結果を得ることが多くなってきます。

 

悪い結果は決して悪いことではなく

むしろ改善のきっかけとしてプラスの意味を感じるようになると、

新たな行動に対する精神的なハードルも下がります。

行動量が増えれば、

その分、何からの成果を得るチャンスが増えることは

間違いありません。

 

行動の結果を振り返ることは、

よいスパイラルを生み出すための

重要なポイントではないかと思います。