『小さく始めることが大切』

何か始めるときには、

小さく始めることを意識した方が良いかもしれません。

 

目標を設定し、

その達成に向けて、

具体的な行動を始めるときには、

大きく動き始めようとすることが多いように感じます。

 

最初のうちは、

モチベーションも高いため、

ある程度の期間は続けることはできますが、

悲しいかな、モチベーションには浮き沈みがあるため、

続けることが難しくなってきます。

そうして、習慣化する前にフェードアウトしてしまうことが少なくありません。

 

そうならないためには、

負荷に感じない程度の小さな行動から始めることが大切だと思います。

 

行動するにあたって、こんな程度でいいのかというレベルで始めると、

まず、”行動する”ということそのもののハードルが極めて低くなります。

そして、実際にやり始めると、次第に勢いがついてきます。

不思議なもので、たった5分だけでいいと思ってやると、

気がついたら1時間続けていたということが起こります。

また、たった5分でもいいというルールで始めれば、

毎日続けても負荷になることはありません。

 

全く負荷に感じない程度の行動でも、

とにかく動き始めれば、

勢いがつき、

そうしたことを繰り返しているうちに、

確実に前進することができるのではないかと思います。