『集中することを仕組み化する』

何かに取り組み、

その取り組んだ結果として、

何からの成果を求めるのであれば、

そのことに集中して取り組む必要があります。

 

集中して物事に取り組むためには、

どのポイントを重視するかなど、

取り組み方針を事前に明確にしておく必要があり、

そして、終わった後は、

「どうだったか?』

ということを必ず振り返ることが大切です。

 

事前に何も考えず、

終わった後も振り返りをしない、

ということでは、

その物事に集中して取り組んでいるとは言えず、

期待していた成果を得ることはできないと思います。

 

成果を得るためには、

集中できる状態を作り出すことが重要だと思います。

 

 

集中しようという漠然とした意識ではなく、

しっかりと