『行動がすべて』

 

決定のプロセスで最も時間がかかるのは、

決定そのものではなく、

決定を実施に移す段階である。

決定は、

最初の段階から行動への取り組みを

その中に組み込んでおかなければ

成果はあがらない。

ピーター・ドラッカー

 

ドラッカーは、

決定プロセスにおいては、

決定そのものではなく、

その決定を具体的な行動に移す段階で

時間を要すると指摘しています。

また、行動に移さない限り、

どんな素晴らしい決定であっても、

成果をあげることができないと。

 

まさにその通りだと思います。

ただ、何かを決めるということ自体に時間をかけ過ぎてしまい、

そして、決定しただけで、

何か行動した気分になってしまうこともあるのではないかと思います。

 

ドラッカーの指摘するように、

行動しない限り、

どんな素晴らしい決定も成果を生む出すことはありません。

 

 ”行動までを含めて決定のプロセスを考える”

 

意思決定をする際には、

このことを忘れてはならないと思います。