『無為な時間を過ごさない』

 

時間を無為に過ごしてしまうほど、

後悔することはありません。

 

何もせずに過ごす場合でも

惰性でダラダラ過ごすのと、

例えば、自己研鑽や体を休めるなど、

目的を持って過ごすのとでは、

気分が違います。

 

有意義な時間を過ごすためには、

「価値あるもののために時間を使う」

ということを常に意識することが重要ではないかと思います。

 

とはいえ、

24時間365日、意識し続けることは簡単なことではありません。

ラクをしたいという気分に流れされることもあるかもしれません。

 

やはり、

自分の意志だけに頼るのではなく、

予定を入れておくなど、

強制力を持たせておくことが大切です。

 

予定があることで、

気分に左右されることなく、

少なくとも無為に過ごす時間を減らすことができると思います。