『未来の不安に備える』

未来に対する不安に対処しようとした場合、

真っ先に思いつくのは、

“お金を蓄えておく”

ということかもしれません。

ただ、お金はいくらあっても、

不安が消えることはないと言われています。

しかも、“お金”の価値は保障されているわけではありません。

 

それでも、

蓄えがあることによって、

未来に対する不安をある程度いくらか軽減できます。

ただ、“不安”が残り続けるということは間違いありません。

 

こうして、あれこれ考えていると、

重要なのは、

未来にどんなことが起ころうとも、

対処できるという自信があるかどうかではないかと思います。

 

すなわち“有形資産を生み出す無形資産”をどれだけ持っているかどうか。

 

未来の不安が現実になっていないうちに、

有形資産を無形資産化することに全力で取り組むことが、

何よりも重要なことでないかと思います。