『プラスに解釈する』

あらゆる出来事にはプラスもマイナスもなく、

自分の解釈次第で、プラスにもマイナスにもなります。

解釈次第で、どんな出来事にもプラスの意味を与えることができます。

そのためには、どんな出来事が起こっても、

まずは「有り難い」と思うことが大切です。

 

人間、自然に任せておくと、

どうしてもマイナスな方向に考えてしまいがちです。

そうした思考の癖を排除するためには、

何事が起こっても「有り難い」と唱えること、

これが何よりも大切です。

 

「有り難い」と唱えることを繰り返しているうちに

次第に脳が勘違いをするのか、

本当にプラスの意味を見出すことができるようになります。

そうなると、気持ちが前向きになり、

一見、マイナスと思えるようなことにも、

前向きに対処できるようになります。

 

どんなことに対しても

プラスの解釈ができるようになれば、

たとえ何かに失敗したとしても、

そこで立ち止まり続けることはなくなります。

人は前に進んでいる限り、

必ずいつかは目的地にたどり着けるのだと思います。

 

出来事をプラスに解釈することは

前に進み続けるために、

とても大切なことだと思います。