『ツァイガルニク効果とは?』

「ツァイガルニク効果」という言葉を初めて知りました。

何かをやり残した状態にしておくと、

脳はずっとそのことが気にかかり、

ほかのことに取り掛かれなくなるそうです。

確かに何かやり残したことがあると、

目の前のことに集中できなくなります。

そうした状態を回避するためには、

脳に”終わった”と感じさせることが必要だということです。

具体的には、

未完了のまま何かを終えるときには、

これから、それをどう仕上げるのかについて考えておくと

脳が”終わった”と解釈するそうです。

この方法を覚えておきたいと思います。