『続ける秘訣』

何か新しいことを習得するためには、

当たり前ですが「続ける」ことが大切です。

 

ただ、その「続ける」ということが簡単ではありません。

やろうと思ってもやる気が出ない、

それを何とか意志の力で乗り越えようとしても、

なかなか乗り越えることができない。

 

そんな状態が続くうちに、

「自分は意志が弱い」

「自分はダメな人間だ」

と思うようになり、

最悪の場合、

何か新しいことにチャレンジしようとする気持ちすら失ってしまいます。

 

ただ、これは意志があるかどうかの問題ではないようです。

 

そもそも脳は

”慣れ親しんだこと”、”楽なこと”

を好む傾向があり、

新しいこと、負荷がかかることについては

ストップをかけてしまうようです。

 

つまり、新しいことを習得するときには、

意志の力を強化するのではなく、

怠け癖のある脳との戦いを制する必要があるということです。

 

ちなみに、

脳は負荷と感じない程度の小さなことに対しては、

ストップをかけたりすることはないそうで、

まずは脳に負荷を感じさせない程度に小さく始め、続ける。

つまりは、

あたかも昔からやっていたかのように脳に勘違いさせることが大切

だということのようです。